ヘマタイト触媒によるクロロベンゼンおよびベンゼンの接触酸化 Catalytic Oxidation of Chlorobenzene and Benzene over Hematite Catalyst

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ごみ焼却炉において生成するダイオキシン類の前駆物質であるクロロベンゼン(CB)およびベンゼンの接触酸化を,ヘマタイト触媒を用いてパルス式反応装置によって行った。<BR>CBの接触酸化においては先ずベンゼンが生成し,その酸化によって二酸化炭素が生成すること,ベンゼンは直接二酸化炭素まで酸化されること,および673-973Kにおいて見かけの両酸化速度は一次反応とみなせることが明らかになった。さらに,触媒を繰り返し使用することによる活性低下,その低活性触媒を酸化することによる再活性化を,触媒組成と関連させて検討した。

The catalytic oxidation of chlorobenzene(CB) and benzene(B) which are precursors for the formation of dioxins at municipal solid waste incinerators was carried out over a hematite catalyst with a micro catalytic pulse reactor. CB was decomposed to B, followed by gradual oxidation to CO<SUB>2</SUB>. Benzene was directly decomposed to CO<SUB>2</SUB> and the apparent reaction rates of both catalytic decomposition could be expressed as the first order at 673-973K. The deactivation of catalyst by repeated pulse reactions and the reactivation of used catalyst by oxidation with O<SUB>2</SUB> were studied from the viewpoint of change in the composition of catalyst.

収録刊行物

  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry  

    日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 2000(8), 541-545, 2000-08-10 

    The Chemical Society of Japan

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004688770
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694577
  • NDL 記事登録ID
    5436799
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-659
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ