カチオン性ヒドリドルテニウム錯体触媒を用いたγ-ブチロラクトン新規製造法 A Novel Production of γ-Butyrolactone Catalyzed by Cationic Hydridoruthenium Complexes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本技衛は無水マレイン酸から2段階の水素化反応により,γ-ブチロラクトン(GBL)を製造する方法である.すなわち第一の工程では無水マレイン酸から無水コハク酸に誘導され,第二の工程で無水コハク酸からGBLが製造される。この無水コハク酸を水素化してGBLを製造する工程のために新規ルテニウム錯体触媒を開発した。この触媒はカチオン性ルテニウム錯体であり95%以上の高い選択性でGBLを与える。カチオン性ルテニウム錯体を工業的に調製する技術を確立した。さらに触媒の性能,安定性を最大限発揮させるための工程検討を行い,触媒の分離再使用技術,反応を阻害する生成水の濃度制御技術を確立し,均一ルテニウム錯体触媒を用いた大規模生産技術を完成した。

γ-Butyrolactone (GBL) is produced by a two-stage hydrogenation of maleic anhydride (MAH) in the liquid phase: a hydrogenation of MAH to succinic anhydride (SAH) in the first stage and a hydrogenation of SAH to GBL in the second stage.<BR>A novel ruthenium catalyst system consisting of Ru salts, trialkylphosphine and p-toluenesulfonic acid was found very effective for the hydrogenation of SAH affording GBL in selectivities above 96%. Acid promoters like p-toluenesulfonic acid induce structual change in the ruthenium complexes, leading to the cationic complexes, which show higher catalytic activity and selectivity than the neutral complexes.<BR>A process to maximize the performance and stability of the catalyst to produce GBL was developed. Novel features of this process are the external preparation of the Ru complexes, the reaction protocol which combines over-flow reaction with stripping for the constant removal of H<SUB>2</SUB>O, and the catalyst recovery system by the extraction.

収録刊行物

  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry  

    日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 1999(9), 567-576, 1999-09-10 

    The Chemical Society of Japan

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004689339
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694577
  • NDL 記事登録ID
    4850490
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-659
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ