ジフェニルホスフィナートを新規脱離基に用いるグリコシル化反応 Glycosylation Using Diphenylphosphinate as a New Leaving Group

この論文をさがす

著者

    • 江花 淳 EBANA Jun
    • 山形大学工学部物質工学科 Department of Materials Science and Engineering, Faculty of Engineering, Yamagata University
    • 烏 マサ KARASU Masa
    • 山形大学工学部物質工学科 Department of Materials Science and Engineering, Faculty of Engineering, Yamagata University
    • 千葉 耕司 CHIBA Koji
    • 山形大学工学部物質工学科 Department of Materials Science and Engineering, Faculty of Engineering, Yamagata University

収録刊行物

  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry  

    日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 1999(9), 625-627, 1999-09-10 

    日本化学会

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004689496
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03694577
  • NDL 記事登録ID
    4850589
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-659
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ