ポリエチレンの二段階熱分解ガス化 Two-Stage Thermal Gasification of Polyethylene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリエチレンペレットを二段階ガス化工程により検討した.1段目の工程はポリエチレンから液状生成物を得るための熱分解であり,2段目は1段目で得られる液状生成物をガス化する工程である.<BR>1段目の留出油の収率は,分解温度470℃で約87wt%であった.2段目のガス化反応におけるこの留出油の最大ガス化収率は,800℃で試料ポリエチレンの82wt%であり,主成分はエチレンとメタンであった.また800℃においてC3以下のガス成分を得る最適空間時間は2.6sで,この条件下で生成するコークス量は1wt%未満で微量であった.vポリエチレンの二段階熱分解ガス化は,コークスの生成量が少なく,効率良く高カロリーのガスと,BTX(ベンセン,トルエン,キシレン)を主成分とする油を得ることができる.

Polyethylene pellets have been gasified by two-stage thermal degradation process. The first stage is the conversion of polyethylene to afford liquid products, and the second stage is the gasification process of the liquid hydrocarbons produced by the first-stage.<BR>The distilled oil yield in the first stage was about 87 w t% at 470°C. The maximum gas yield based on the weight of polyethylene in the second gasification stage was 82 wt% at 800°C. The main components of the product gas were ethylene and methane. The optimum space time at 800°C to obtain the gas lighter than C<SUB>4</SUB> components was 2.6 s. Under these conditions, the ratio of coking was less than 1 wt%.<BR>The two-stage pyrolyses of polyethylene produce high calorie gas efficiently with low cokin g ratio and some aromatic oils containing benzene, toluene and xylene as main components.

収録刊行物

  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry  

    日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 1999(11), 759-763, 1999-11-10 

    The Chemical Society of Japan

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004689855
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694577
  • NDL 記事登録ID
    4908663
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-659
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ