GUIを考慮した汎用波形解析システムの開発 Development of Band-Shape Analysis with GUI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

MS-DOS上のC言語でプログラミングされていた波形解析プログラム(SP)をPascal 言語 (Delphi) を用いてWindows98/95およびWindowsNT環境下で動く、GUI(Graphic User Interface)に優れたシステムとして移植した。これにより、SPはメモリの制約をほとんど受けることがなくなり、データ量に関わらず複数のデータを同時に扱うことができるようになった。さらに、Windowsの特徴であるユーザーフレンドリーなインターフェイスを活用し、すべての操作がマウスで行えるので初心者でも簡単に波形解析を行えるものとなった。また、マルチウィンドウによって、複数の操作結果を同時に表示することもできるようになった。

The software for band-shape analysis (SP-DOS) programmed by the C-language under MS-DOS has been developed into Windows98/95/ and WindowsNT (SP-WIN) using Pascal language (Delphi) with GUI. The SP-WIN can deal with a number of data under the no limiting condition of 1 MB memories on MS-DOS. Even a beginner can easily analyze many types of spectra (IR, UV, VIS and so on) by using a mouse device and a user friendly interface, which are typical features of a Windows operating system. The multi windows system can show many results of analysis at the same time on a high resolution display.

収録刊行物

  • The Journal of chemical software  

    The Journal of chemical software 6(2), 55-66, 2000-06-15 

    SOCIETY OF COMPUTER CHEMISTRY, JAPAN

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004709037
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10470405
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09180761
  • NDL 記事登録ID
    5389996
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z17-1611
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ