アルカンの構造異性体の組合せ論的数え上げ The Combinatorial Enumeration of Structural Isomers of Alkanes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルカン分子の中心を定義し,それに結合するアルキル基の組合せの仕方を数え上げることにより,アルカンの構造異性体数の数についての漸化式を求めた。炭素原子数が40までの結果は,グラフ理論によって得られている数値と一致することを確認した。この方法は初等的な組合せ論の積み重ねによるものなので,その演算速度はグラフ理論的方法よりは格段に遅いことがわかった。

The number of structural isomers of alkanes was combinatorially enumerated by counting the different structures composed of several alkyl groups attached to the center of the molecule specifically defined. This algorithm is rather slow when compared with the conventional graph theoretical method. The correctness of the algorithm was checked by reproducing isomer numbers up to 40 carbon atoms.

収録刊行物

  • The Journal of chemical software  

    The Journal of chemical software 5(2), 65-80, 1999-06-15 

    SOCIETY OF COMPUTER CHEMISTRY, JAPAN

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004709136
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10470405
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09180761
  • NDL 記事登録ID
    4758346
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z17-1611
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ