咀嚼量の減少と貴族形質の獲得との関連性に関する研究 -鼻腔形態からの考察-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 水嶋 崇一郎
    • 東京大学理学系大学院生物科学専攻人類形態学研究室

抄録

頭蓋において, 鈴木(1985a)が提唱した貴族形質の発現機構を探るために, 複数の機能的領域の相互作用によって頭蓋骨の形態は決定されるという観点 (Moss and Salentijn, 1969; Moss and Young, 1960) に立ち, 咀嚼量の減少と貴族形質の発現との関連性を検討した。具体的には現代日本人成人男性29個体および女性24個体の頭蓋を用いて, 1)貴族形質と解釈できる傾向の有無, 2)咀嚼量の減少と解釈できる傾向の有無, 3)鼻腔形態の個体変異様式, 4)下顎骨の幅成分と鼻腔形態との相関関係, 5)貴族形質と鼻腔形態との相関関係, これら5点について統計学的に分析した。その結果, 男性資料では下顎骨と鼻腔の各幅成分が相関を示し, 隣接する機能的領域間の相互作用が示唆された。加えて, 高顔や狭鼻など貴族形質と解釈できる形質は鼻腔形態と相関を持ち, 一部の頭部顔面形態の制御機構を鼻腔形態が担う可能性が提示された。しかし, 動物実験ですでに観察されていた, 咀嚼量の減少に伴なう下顎骨の形態変異は抽出されず, 咀嚼量の減少と貴族形質の発現との直接的な関連性は示されなかった。また女性資料の分析からは, 男性と部分的に類似する結果が得られたに留まった。

収録刊行物

  • Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌  

    Anthropological science. Japanese series : journal of the Anthropological Society of Nippon : 人類學雜誌 108(1), 1-16, 2000-07 

    The Anthropological Society of Nippon

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004718818
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11307827
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13443992
  • NDL 記事登録ID
    5390064
  • NDL 雑誌分類
    ZS1(科学技術--人類学)
  • NDL 請求記号
    Z19-11
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ