最終氷期末期のモミ属優占林の成立-北海道南西部における材化石および花粉化石からの復元- Abies-dominated Forest of the Latest Last Glacial in Southwestern Hokkaido:Reconstruction from Wood and Pollen Fossils

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北海道南西部の森町濁川周辺に分布する最終氷期末期(約12,000yrs BP)の濁川テフラに埋積された材化石群集および花粉化石から,植生を復元した.濁川テフラ内やその直下から得られた炭化材・材化石は,いずれもモミ属が最も多く,次いでトウヒ属,カバノキ属,カラマツ属,バラ属が産出した.これまでの大型植物化石の研究から,モミ属はトドマツ,カラマツ属はグイマツであると思われる.樹木花粉組成は,主としてモミ属・トウヒ属・カバノキ属からなり,ほかにマツ属,ハンノキ属,クマシデ属,ニレ属を伴う.主要花粉の組成は,材化石の組成とほぼ一致する結果が得られた.また,草本花粉・胞子の組成はシダ植物の胞子が多く,ヨモギ属やイネ科,カヤツリグサ科の花粉などを伴う.材化石および花粉化石から復元される濁川盆地周辺の植生は,森林においてはモミ属が卓越し,トウヒ属・カバノキ属を混じえ,ハンノキ属・バラ属を伴っている.また,林床や森林周縁においてはシダ植物が優占し,ヨモギ属やイネ科,カヤツリグサ科の草本が生育していたと推定される.最終氷期末期の濁川周辺のトドマツが卓越する植生は,最終氷期最寒冷期より温暖な気候条件を反映したものであると考えられる.

The latest stage of the Last Glacial vegetation was reconstructed from wood and pollen fossils buried under Nigorikawa tephra (about 12, 000yrs BP), southwestern Hokkaido. Obtained wood fossil assemblages (including carbonized woods) were composed of <i>Abies, Picea, Betula, Larix</i>, and <i>Rosa. Abies</i> could be assigned to <i>Abies sachalinensis</i> and <i>Larix</i> could be <i>Larix gmelinii</i>, based on previous plant macrofossil studies. Arboreal pollen assemblages composed of <i>Abies, Picea, Pinus, Betula, Alnus, Carpumus</i>, and <i>Ulmus</i> were concordant with wood fossil composition. Non-arboreal pollen and spore assemblages are abundant in ferns associated with <i>Artemisia</i>, Gramineae, and Cyperaceae. Reconstructed forests are dominated with <i>Abies</i>, accompanied by <i>Picea, Betula, Alnus</i>, and <i>Rosa</i>, and herbaceous layers are composed mainly of ferns and small amounts of <i>Artemisia</i>, Gramineae, and Cyperaceae. <i>Abies sachalinensis</i>-dominated forests at the latest Last Glacial in the region are considered to reflect a milder climate than that of the Last Glacial Maximum.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 39(2), 121-138, 2000-04-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  45件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004720169
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    5333556
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ