森林土壌の花粉分析による植生変化の解明 An Investigation of Vegetation Changes by Pollen Analysis of Forest Soils

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 三宅 尚 MIYAKE Nao
    • 高知大学理学部自然環境科学科 Department of Natural Environmental Science, Faculty of Science, Kochi University
    • 根平 邦人 NEHIRA Kunito
    • 広島大学総合科学部自然環境研究講座 Department of Environmental Studies, Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University

抄録

剣山地南西部の温帯混交林域において,過去に生じた植生変化を森林土壌の花粉分析によって調査した.調査区内で採取された2地点の土壌断面には,19世紀後半,明治時代に入り行われたと考えられる大規模な森林伐採によって生じた植生変化が記録されていた.現在,この調査区はモミとミズメが優占するが,伐採の行われる以前では多様な広葉樹を交えたモミ-ツガ林であったと考えられる.2地点の土壌中の花粉分布パターンはいくつかの花粉型で大きく異なっていた.このことは森林土壌の花粉分析によって,細かい面積的スケールでの植生変化を解明できることを示唆している.

Vegetation changes were investigated by pollen analysis of forest soils under a temperate mixed forest in the southwestern part of the Tsurugi Mountains, Shikoku, Japan. The two soil profiles recorded vegetation changes that were caused by cutting practices on a large scale in the early Meiji period (the late 19th century). The previous vegetation type appears to have been an <i>Abies firma-Tsuga sieboldii</i> forest containing various broad-leaved trees, although <i>Abies firma</i> and <i>Betula grossa</i> are dominant in the present-day vegetation. The distribution patterns of several pollen types between the two soil profiles differed. These results may provide information about vegetation changes on a fine spatial scale.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 39(2), 139-150, 2000-04-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  43件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004720215
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    5333575
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ