大阪湾と伊勢湾の活構造 Active Structures in Osaka Bay and Ise Bay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

内湾に潜在する活断層の検出と,基盤の形状を明らかにすることを目的として,大阪湾および伊勢湾において反射法音波探査を実施した.<br>大阪湾には,大阪湾断層,津名沖断層のほか,いくつかの活断層が潜在している.活断層が基盤に変位を及ぼしているために,大阪湾の基盤形状は複雑であり,これを埋積する堆積層の厚さは2,700m以上に達する.大阪湾断層の北部で行ったボーリング調査では,断層が千数百年前に活動したことが示唆される.<br>伊勢湾には伊勢湾断層,鈴鹿沖断層,白子-野間断層が伏在している.伊勢湾においても,基盤形状は複雑である.堆積層の厚さは1,700m以上ある.伊勢湾断層北部におけるボーリング調査では,断層が更新世後期以降動いていないことが明らかとなった.

The Hydrographic Department of the Maritime Safety Agency carried out seismic reflection surveys for the purpose of defining distributions of buried active faults and the morphology of the basement in Osaka Bay and Ise Bay.<br>Some buried active faults, such as the Osaka Bay fault and the Tsuna-Oki fault, were found in Osaka Bay. The basement morphology of the bay is complicated because of deformation by the active faults. The maximum thickness of the sedimentary layers on the basin is more than 2, 700 meters. According to the boring survey on the northern part of the Osaka Bay fault, the most recent movement occurred 1, 200-1, 300 years ago.<br>Three active faults, the Ise Bay fault, Suzuka-Oki fault, and Shiroko-Noma fault, were found in Ise Bay. The basement morphology of Ise Bay is also complicated because of buried active faults. The maximum thickness of sediments of the basin of the Ise Bay is more than 1, 700 meters. Results of the boring survey on the northern part of the Ise Bay fault suggest that the fault has not been moving since the late Pleistocene.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 39(4), 303-314, 2000-08-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004720549
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    5427599
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ