活断層の長期評価と問題点-数百年以内という地震予測は無意味か- Evaluation of Active Faults for Long-term Prediction of Earthquakes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

阪神淡路大震災を教訓として,政府は地震災害の軽減に役立てようと,活断層から発生する将来地震の予測を行い,それを逐次公表している.場所・規模・時期の予測のうち,発生時期の予測が「今後数百年以内」という大雑把な限定であるためか,その予測情報が今後の地域防災に十分に生かされようとしているとは言い難い.そこには多少の誤解もある.社会が数百年以内という予測を再び無視するならば,阪神淡路の震災と同様の不意の災害が再び繰り返されるおそれがある.

The Japanese Government recently publicized long-term predictions of earthquakes along three major faults in central Japan, based on their history in the late Quaternary. The predictions include the information on location, magnitude, and time of earthquakes and the probability of occurrence during next 30 years or 100 years.<br>However, the information little affected the social community, probably because of the roughness of the estimation of the time that the earthquake will occur within a few hundred years from now. If these predictions are neglected, as they were in the case of Kobe prior to 1995, we may again have great disasters when predicted but not-accepted great earthquakes occur.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 39(4), 315-318, 2000-08-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004720581
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    5427609
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ