大阪湾地域の完新統海成粘土層の特徴と形成過程 Depositional Facies and Processes of the Holocene Marine Clay in the Osaka Bay Area, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 増田 富士雄 MASUDA Fujio
    • 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻 Department of Geology and Mineralogy, Graduate School of Science, Kyoto University
    • 宮原 伐折羅 MIYAHARA Basara
    • 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻 Department of Geology and Mineralogy, Graduate School of Science, Kyoto University

抄録

大阪湾とその周辺には,海成や陸成堆積物からなる完新統が発達する.この地域の完新統の特徴は,海成粘土層に粗粒な部分(粗粒シルト~中粒砂)が間に挾まっていることである.それは後氷期の海進で,海面が高くなった時期に潮流や沿岸流による運搬作用が強くなって形成されたものである.

Holocene deposits 20 to 30m thick are distributed in Osaka Bay and its surrounding area, and consist of lower coarse-grained fluvial deposits, middle to upper bay-floor muddy deposits, and upper delta and nearshore sandy deposits. The Holocene in this area is characterized by a range from coarse-grained silt to fine-grained sand intercalated in the middle muddy deposits of the marine clay bed (Ma 13). The coarse part was formed by stronger tidal and longshore currents developed during high sea-level period of the postglacial transgression. Temporal variations in depositional environments and conditions of Osaka Bay in the Holocene are also discussed.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 39(4), 349-355, 2000-08-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  39件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004720652
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    5427695
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ