ギリシャ南東部の最終氷期におけるキク科花粉群集-トルコのデータとの比較- Tubuliflorae Pollen Spectra in the Last Glacial of Southeast Greece:Comparison with Turkish Data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ギリシャ南島部コパイ湖の最終氷期に多産するキク亜科化石花粉について詳細な研究を行った結果,おもに<i>Matricaria</i>型および<i>Centaurea</i>から構成されていることが明らかとなった.この組成は,トルコのアナトリア高原南西部から報告されている後氷期の花粉組成ときわめてよく似ている.このことは,トルコの高原地帯における完新世の植生が,ギリシャ南部海岸低地における最終氷期植生の相似型となりうる可能性を示している.

The Last Glacial pollen record from Lake Kopais, Southeast Greece contains abundant Tubuliflorae of <i>Matricaria</i>-type and <i>Centaurea</i>, showing a similarity to the postglacial vegetation on the southwestern Anatolian plateau, Turkey. This suggests that the Holocene vegetation of the Turkish highlands could be an analogue of the Last Glacial vegetation of southern Greek lowlands.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 38(4), 287-295, 1999-08-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004720794
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4819006
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ