ジャワ島南方沖における第四紀後期の古海洋変動 Late Quaternary Paleoceanographic Changes off Southern Java

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アジアモンスーンと熱塩ベルトコンベア循環,そしてホモサピエンスのウォレス線越えを調べるために,ジャワ島南方沖から採取された海底堆積物に含まれる珪藻群集・有孔虫殻の酸素同位体比・鉱物組成などを分析して,海流系の変遷を復元した.その結果,次のことが明らかになった.(1)(亜)氷期には西オーストラリア海流が強化されて,熱帯域と亜熱帯域の境界域は低緯度域へ移動したこと.(2)間氷期には赤道反流が強化されて,境界域は高緯度域へ移動したこと.(3)ジャワ沿岸流は北西モンスーンの影響を受けて,酸素同位体比ステージ区分の4後期から3初期(6.5万~5万年前)に強化されたこと.(4)熱塩ベルトコンベア循環の一部であるインドネシア通過流が弱体化したステージ3から2にかけての時期(3万~2万年前)に,ジャワ島沿岸域の湧昇流は強化されたが,ベルトコンベアが稼働すると,インドネシア通過流は水温躍層水を西方へ移動させるために,湧昇流の活動が低下したこと.(5)ホモサピエンスは,北西モンスーンの影響を受けてジャワ沿岸流の東流が強化されはじめた6.5万年前から東流が停止した5万年前までの間に,ウォレス線を越えた可能性が高いこと.

We analyzed diatom assemblages, oxygen isotopes in foraminiferal tests, and mineral compositions in the deep sea cores from off southern Java and attempted reconstruction of ocean currents to obtain informations about Asian monsoons, thermohaline conveyer system, and crossing of Wallace's line of modern <i>Homo sapiens</i>. Results suggest that (1) the West Australian Current was enhanced and the boundary zone between tropic and subtropic areas moved northwards during (sub) glacial periods; (2) the Equatorial Countercurrent was enhanced and the boundary zone moved southwards during interglacials; (3) the Java Coastal Current from the north was enhanced during oxygen isotopic stages 3 to 2, when the northwestern monsoon was enhanced, and then it was weakend by stage 2 under the gradual transgression; (4) the Western Australian Current caused coastal upwelling when the thermohaline conveyer system was weakened, but the westward horizontal movement of the conveyer system interrupted vertical movement of upwellings during the Last Interglacial; and (5) modern <i>Homo sapiens</i> might have crossd Wallace's line during the interval from 65 to 50ka, from the period when the Java Coastal Current, running eastward under the influens of northwestern monsoonal wind, began to be enforced to the period when the flows halted.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 38(5), 387-399, 1999-10-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004721076
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4860869
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ