相模湾周辺の完新世海成段丘と地震テクトニクス Holocene Terraces and Seismotectonics around Sagami Bay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地震性の地殻上下変動が顕著な地域では,完新世の段丘,特に海成段丘の形成は地震時の隆起を反映していると考えられることから,その形成史や高度は地震テクトニクスにとって重要な情報を与える.相模湾沿岸においては,広域に分布する完新世最高位段丘面の高度分布は,フィリピン海プレートのもぐり込みないし伊豆半島の衝突と,それによる陸側のプレートの圧縮変形を示している.また,この地域では約6,000年前の完新世最高位段丘面とそれ以下に計3~4段の段丘面が認められる.その高度分布および1923年の関東地震の地殻上下変動量などから,房総半島では平均500~600年程度の間隔で隆起現象を伴う地震が発生してきたことなどが推定される.しかし,高度の精度や形成年代の解像度についての問題もあり,相模湾周辺の各地域の完新世海成段丘形成史の統一的な説明は今後の課題である.

Coseismic uplift probably contributed to the emergence of Holocene marine terraces around Sagami Bay. The highest of these terraces emerged about 6, 000 years ago. Its height distribution reflects subduction of the Philippine Sea Plate, collision of part of this plate (Izu Peninsula), and crustal shortening in the continental plate.<br>Two kinds of coseismic uplift probably occur at eastern Sagami Bay, on the southern part of the Boso Peninsula. One type, represented by the Kanto earthquake of 1923 (in the Taisho era), was due to interplate slip along the Sagami Trough. The other type is represented by the Kanto earthquake of 1703 (in the Genroku era), the hypocentral area of which consists of the area along Sagami Trough and its southeastern extension. Various combinations of Taisho and Genroku earthquakes can account for the height of the highest Holocene marine terrace on the Boso Peninsula. The best such combination gives a mean recurrence interval of 500-600 years for Taisho-type earthquakes.<br>Since the accuracy and resolution of the height and formative age have not been so high, a consistent explanation of the formative history of Holocene marine terraces throughout Sagami Bay area remains to be given.

収録刊行物

  • 第四紀研究  

    第四紀研究 38(6), 525-531, 1999-12-01 

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004721555
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    4927073
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ