特集:次世代の史料地震学-まえがき- Introduction to the Special Issue "Historical Seismology of Next Generation"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

歴史時代の地震活動史を正確かつ精密に復元し, そこから何らかの規則性を読み取り, さらには綿密かつ定量的な理論-モデルにまで発展させていくことは, 地震現象の理解や長期的な災害予測・軽減のために不可欠である。地震活動史の復元のためには, 活断層の発掘調査や津波堆積物調査などに代表される地形・地質学的調査, 遺跡の地割れ・噴砂跡調査などに代表される考古学的調査のほかに, 古記録・古文書・古絵図などの文献史料中に残る天変地異記録を収集・解析する作業が欠かせない。<BR>文献史料にもとづく歴史地震・津波研究 (ここでは史料地震学と呼ぶ) は, 地震現象の解明や震災軽減研究の発展に多大な貢献をもたらしてきたが, 同時に数多くの問題点や課題も明らかになってきている。学際分野ゆえの深刻な後継者不足にも悩まされている。これらの問題を議論するために, 1998年7月1~2日の2日間, 東京大学地震研究所共同利用シンポジウム「地震現象の解明と震災軽減のための史料地震学の役割」 (世話人 : 小山真人・佐竹健治・都司嘉宣) が開催された。このシンポジウムでは, 現時点における史料地震学上のさまざまな成果あるいは課題分析の報告や, 周辺分野からの史料地震学への期待や提言などが語られた上で, 今後何をすべきかの総合討論がなされた。本特集は, そのシンポジウム内容の一部, および周辺分野もふくめたその後の知見をまとめたものである。

収録刊行物

  • 地學雜誌

    地學雜誌 108(4), 345, 1999-08-25

    Tokyo Geographical Society

各種コード

ページトップへ