遺跡に見られる液状化現象の痕跡 Paleoliquefaction Features at Archaeological Sites in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 寒川 旭 SANGAWA Akira
    • 地質調査所大阪地域地質センター Osaka Ceter for Regional Geology, Geological Survey of Japan

抄録

Liquefaction features from paleoearthquakes are common at archaeological sites of Japan. The most remarkable features are dykes of sand and gravel in which the clasts become finer approaching the surface. Liquefaction at some sites occurred not only in sand but also in gravel. Some archaeological features have been entrained and moved in sand intrusions.

収録刊行物

  • 地學雜誌  

    地學雜誌 108(4), 391-398, 1999-08-25 

    Tokyo Geographical Society

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004725470
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00322536
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022135X
  • NDL 記事登録ID
    4838140
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-169
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ