スラグを利用した還元剤添加による溶鉄の脱窒素 Effect of Reducing Agent Addition on Nitrogen Removal Rate from Molten Iron to Slag

この論文をさがす

著者

    • 中里 英樹
    • 大阪大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering, Osaka Univ.
    • 碓井 建夫
    • 大阪大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering, Osaka Univ.

収録刊行物

  • 材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting

    材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting 13(4), P-3, 2000-09-01

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

  • <no title>

    ONO H.

    CAMP-ISIJ 12, 792, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本学術振興会製鋼第19委員会

    鉄鋼反応の推奨平衡値 17. 38, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    TSUKIHASHI F.

    Metall. Trans. B 17, 541, 1986

    被引用文献3件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004750249
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10056461
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09146628
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ