遊離チロシンの硫酸化の意義 ド-パ,カテコールアミンなどの体内濃度調節に関与か?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 化学と生物

    化学と生物 34(7), 422-424, 1996-07-25

    日本農芸化学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    TALLAN H. H.

    J.Biol.Chem. 217, 703, 1955

    被引用文献1件

  • <no title>

    HUTTNER W. B.

    Nature 299, 273, 1982

    被引用文献2件

  • <no title>

    HUTTNER W. B.

    Annu.Rev.Physiol. 50, 363, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAIDHA T.

    Biochem.J. 298, 45, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKAKIBARA Y.

    Eur.J.Biochem. 226, 293, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKAKIBARA Y.

    Biochem.J. 305, 993, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKAKIBARA Y.

    J.Biol.Chem. 270, 1, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    SUIKO M.

    Biochem.J. 314, 151, 1996

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004766354
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    3986891
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ