蛋白質工学の発展

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 化学と生物

    化学と生物 35(3), 234-238, 1997-03-25

    学会出版センタ-

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    YAMADA H.

    Biochemistry 22, 4551, 1983

    被引用文献3件

  • <no title>

    UEDA T.

    Biochemistry 24, 6316, 1985

    被引用文献3件

  • <no title>

    MCCAFFERY J.

    Nature 348, 552, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    CHEN K.

    Proc. Natl. Acad. Sci., U. S. A. 90, 5618, 1993

    被引用文献3件

  • <no title>

    YAMADA H.

    J.Biochem. 114, 398, 1993

    被引用文献2件

  • <no title>

    TOMIZAWA H.

    Protein Eng. 10, 1023, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    DOLGIKH D. A.

    Mol.Biol. 30, 149, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    井本泰治

    臨床免疫 27, 1124, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    油谷克英

    蛋白質工学, 1991

    被引用文献4件

  • 蛋白質工学の進展

    三浦謹一郎

    蛋白質 核酸 酵素 37(2), 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    鈴木紘一

    タンパク質工学-基礎と応用, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本生化学会

    タンパク質工学, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    渡辺公綱

    蛋白質工学概論, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    井本泰治

    蛋白質工学研究法, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    IMOTO T.

    Lysozymes:Model Enzymes in Biochemistry and Biology 163, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    MANDECKI W. S.

    Protein Eng. 4, 801, 1991

    DOI 被引用文献1件

  • 蛋白質の時代

    郷信宏

    蛋白質 核酸 酵素 5月号増刊, 1994

    被引用文献3件

  • 蛋白質の効率的まきもどし法

    井本 泰治

    生物物理 36(5), 245, 1996-09-25

    参考文献2件 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004768202
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    4150966
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ