不確実性下の意思決定を考慮した逐次的情報参照モデル INFORMATION REFERENCE MODEL UNDER UNCERTAINTY BASED ON THE BOUNDED RATIONALITY APPROACH

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 複数情報リソース下の逐次的な情報参照過程に着目した意思決定モデルの基本的なフレームワークを示す. 従来, 情報による行動変化の側面からのみ評価されてきた交通情報の価値について, 意思決定の不確実性減少の観点から交通情報の価値を再定義し, 期待最大機会損失の変化量として定式化した. さらに意思決定の逐次的プロセスに着目し, 不確実性コストを考慮した情報参照モデルのフレームワークを構築し, 実際の行動データを用いてケーススタディを行った. モデル推定の結果, 意思決定の不確実性の高いドライバーが交通情報をより参照にしていること, 複数情報リソースを提供することで経路選択の意思決定の不確実性が低減していることなどが明らかとなった.

In this paper, we have represented a fundamental framework of a decision making model focusing on consecutive information reference processes under multiple information sources. The information value having been evaluated with the conventional aspect of behavior profits is formulated by regarding the information value as a variation for the maximum opportunity loss of expectation from the aspect of decreased uncertainty in decision making. Furthermore, a consecutive information reference model and a route model considering information reference processes are presented; thus the case study was conducted using actual behavior data. As a result of the model estimation, we have found that the drivers who have higher uncertainty in decision making tend to have more opportunity to refer to the traffic information and that such uncertainty in decision making is considerably reduced upon the provision of multiple information sources.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 660, 27-37, 2000-10-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004835958
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5615320
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ