Mixed Logitモデルの汎用性に着目した特性比較分析 COMPARISON ANALYSES ON MIXED LOGIT MODEL BASED ON ITS FLEXIBILITY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

パラメータの分散や, 誤差項の異質性などを扱うことのできる Mixed Logit モデルは極めて柔軟な構造を持った汎用性が高いモデルと考えられる. しかしながら, その交通計画分野の適用例は限られており, かつ従来手法との比較検討も不十分な段階にある. 本研究では, Mixed Logit モデルの特性を, (1) 選択肢間誤差構造, (1) 誤差の個人異質性, (3) パラメータの確率変動 といった, 従来別個のモデルで対応してきた各手法と比較することにより明らかにした. シミュレーションデータに加えて, 都市間の実行動データなども適用対象とした分析結果より, 実用性を踏まえた Mixed Logit モデルの利用可能性を示すことができた. また, Mixed Logit モデルを主軸とした既存方法論の簡単な整理を行うこともできた.

Mixed Logit model is developed recently as a strong tool which can approximate arbitrarily any random utility models. However, the flexibility and the applicability have not been well examined. This paper aims to clarify the attributes and summarize the relationship between the Mixed Logit model and other developed methods. We test its flexibility from the following aspects: 1) error structure among alternatives, 2) unobserved heterogeneity and 3) random coefficient model. Some simulation data or actual travel data are used for the model estimations. The results showed that the Mixed Logit model has high flexibility. Finally, we summarize its applicability and the further topics to be studied.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 660, 89-99, 2000-10-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004836158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5615381
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ