食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律について

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 高梨 太志 TAKANASHI Futoshi
    • 農林水産省食品流通局企画課食品環境対策室 Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Office of Food Industry Environment Policy

抄録

わが国において, 食品の売れ残り, 食べ残し, 加工残さ等の食品廃棄物は, 一般廃棄物のうち約3割を占めている一方, そのリサイクルの取り組みは遅れているのが現状である。<BR>一方, ダイオキシン問題への取り組みを契機として, 政府は廃棄物全体の削減目標を定めたところであり, 廃棄物の中で一定の割合を占める食品廃棄物についても, その排出抑制を図るための措置が求められている。<BR>そこで, 食品廃棄物について発生抑制, 肥料・飼料等へのリサイクル等を促進するため, 食品関連事業者のリサイクル等の義務, リサイクルの円滑化措置等を定めた「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」が本年5月に成立したところである。<BR>本稿では, 法律の制定の経緯, 法律の規定内容および関連するデータについて紹介する。

In Japan, as much as 30 percent of total general waste is composed of food waste such as unsold food, and organic waste, whereas the level of food waste recycling is low.<BR>The Japanese government has decided to reduce total waste, and has set reduction targets for total waste to cope with dioxin problems. We should work on reducing food waste which accounts for a certain percentage of total waste.<BR>In order to address this problem, the government submitted a "Food Waste Reduction and Recycling Promotion Law" that obligates food-related businesses to work on recycling and reduction of food waste, and promotes the recycling of food waste with special treatment about Waste Management Law. The diet passed the new law in May.<BR>This paper introduces the outline of the new law, and the background information and data concerning the establishment of the new law.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(5), 332-343, 2000-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004836486
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5524241
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ