有機性廃棄物の資源化技術 Technologies for Resource Recovery from Bio - wastes - Methane Recovery by Anaerobic Digestion -

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

循環型社会の形成に向けて廃棄物管理に係わる各種の法制度が整えられつつある現在, 有機性廃棄物の資源化が大きな課題となっている。しかしながら, とくに一般廃棄物については, 焼却処理を適用したシステムが広く成立しており, 有機性廃棄物の分別収集や再生品の利用のための社会システムが形成されておらず, また十分に成熟した有機性廃棄物の資源化技術が整っておらず, 対応を難しいものにしている。<BR>本稿では, 有機性廃棄物の再資源化技術について若干の考え方を述べるとともに, 検討されている資源化技術について, 有機性廃棄物の種類と資源化物の組み合わせを紹介する。また, 嫌気性消化については, その原理, メタン回収から見た有機性廃棄物の特性, 開発・普及が進められている固形廃棄物を対象とした嫌気性消化の概要とわが国での適用事例等を整理する。

Recovery of resources from bio-wastes has become a major issue. Currently various laws and regulations related to waste management have been amended or enacted to establish a new social scheme based on resource circulation. However, it is very difficult to accomplish, especially for municipal wastes, because the social system for separate collection and reuse of bio-wastes such as garbage has not yet been established. Furthermore, only a few technologies are available to convert bio-wastes to resources, under the wide-spread waste management system of treating collected municipal wastes in incinerators before final disposal.<BR>In this paper, general ideas of bio-wastes recycling and various technologies for resource recovery of bio-wastes are introduced. Some aspects of anaerobic digestion methods for methane recovery are then summarized; the principle of anaerobic digestion, characteristics of each type of biowaste in consideration of methane production, and the outlines of the newly developed systems and processes including those applied in Japan.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(5), 344-354, 2000-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004836487
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5524246
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ