自治体のごみ分別・減量施策に対する市民意識に関する研究 A Study of Public Opinion Concerning Municipal Policy of Sorted Waste Collection and Waste Reduction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

資源廃棄物の分別収集は廃棄物減量に必要な手段であるが, 市民の協力なしには成功しない。廃棄物減量の有効な方策の実現に向けた市民意識を探るため, 中年女性を対象に自治体が行っているごみ分別や減量施策に対する評価を質問紙により調査した。その結果, (1) 自治体のごみ分別数が少ないまたはプラスチックが可燃ごみに含まれている場合に分別数を増やすことに前向きな者が多く, そのような者はダイオキシン問題への関心も高いこと, (2) 自治体のごみ分別数は7区分程度がわかりやすく, 受け入れやすいことが明らかになった。ごみ減量施策ではメーカー責任の明確化と人作りが重視され, いずれに重きをおくかは市民の居住環境や環境変化に対する認識などの影響を受けていることが示された。

The purpose of this study is to investigate public opinion concerning municipal policy of stored waste collection and waste reduction. Middle aged housewives were surveyed by questionnaire. The results were as follows, <BR>1) People who wished to increase the number of items sorted though there were too few currently stored items, and that waste plastics were incinerated in their municipality.<BR>2) The acceptable number of stored items was about seven.<BR>3) A majority of the people surveyed thought the policy of waste reduction should include two aspects, one was producer responsibility and the other was human education. Living environment and their awareness of environmental change were affected their opinions for municipal policy.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 11(5), 378-384, 2000-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004836517
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    5524745
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ