ファジイ線形回帰式を導入した古日記の降雪日数による気温推定-京都における1・2月の月平均気温の復元- Estimated Mean January and February Temperatures in Kyoto from Snow Records in Old Diaries Applying Fuzzy Linear Regression

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日記中の天気記録には,日記記主の主観や観測場所・時刻が明記されていないといったあいまいさが反映されている.従来,古日記を利用した気候復元では,これらのあいまいさの影響を排除して復元する方法が検討されてきた.本研究では,日記記主の主観に起因するあいまいさを包含して推定気温を示す手法を検討した.ファジィ線形回帰式を導入すると,可能性としての幅を持たせて気温の推定値を表現できる.<br> 冬季の京都について,1カ月の降雪日数と各月の平均気温との関係を調べた.その結果, 1・2月において両者の間に高い負の相関関係が存在することが確認された.3種類の日記から得た京都の天気記録を利用して,この関係を応用した降雪日数による気温推定を行った.1856年から1865年を対象期間とし,ファジイ線形回帰式を導入して1・2月の月平均気温を推定幅を持たせて復元した.

The purpose of this paper is to estimate mean January and February temperatures in Kyoto using daily weather records obtained from old diaries.<br> The observation records in Kyoto from 1901 to 1990 indicate a strong negative correlation between the number of snow days and the mean temperature in January and February. Traditionally the mean temperature has been calculated using a linear regression of this relationship, disregarding the "fuzziness" in observation records such as old diaries.<br> This paper, however, focuses on "fuzziness" and applies a fuzzy linear regression, expanded from the linear regression, to the number of the snow days obtained from old diaries.<br> As a result, the application of fuzzy linear regression is effective in estimating the mean temperature with an interval whereas linear regression estimates it only with a specific value of the interval.

収録刊行物

  • 地理学評論. Ser. A  

    地理学評論. Ser. A 73(5), 459-467, 2000-05-01 

    The Association of Japanese Geographers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004958108
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1016484X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00167444
  • NDL 記事登録ID
    5362389
  • NDL 雑誌分類
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL 請求記号
    Z8-571
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ