現成氷河の質量収支データに基づく涵養域比(AAR)法の検証 Evaluation of the Accumulation Area Ratio (AAR) Method Based on Mass Balance Data for Modern Glaciers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地形的雪線高度は古環境復元の重要な指標の一つである.涵養域比(accumulation area ratio:AAR)法は過去の氷河の地形的雪線高度の認定法として精度が高いと指摘されていたが,解析に用いるAAR値は研究者によって大きく異なっている.そこで地形的雪線高度の復元に用いるための適切なAAR値を求めるため,現成氷河のAAR値と質量収支との関係を検討した.各氷河の質量収支とAAR値は高い相関を示すことが知られており,世界各地の32氷河について質量収支の均衡を仮定した場合のAAR値(AAR<sub>0</sub>値)を平均すると59.2±6.7%となり,氷河のタイプによる差は認められなかった.明瞭なモレーンを含む氷河地形は,長期的に停滞していた氷河分布を示している.このような氷河では質量収支は均衡していたと考えられるので,上記の平均的なAAR<sub>0</sub>値を用いることで氷河地形形成時の地形的雪線高度を復元することができる.

The orographic snowline estimated from glacial landforms is an important index for paleoenvironmental reconstruction. The accumulation area ratio (AAR) method has been applied to glacial landforms to calculate the altitude of the past orographic snowline. The AAR values used in previous studies were, however, not identical, suggesting that the AAR method has not yet been uniformly established. This study seeks to find an AAR value suitable for reconstructing past orographic snowline altitudes. Analyses of data for modern glaciers show a positive correlation between annual mass balances and AAR values. When the mass balances for selected glaciers are zero, the average AAR lies in the range of 59.2±6.7 %, regardless of glacier type and size. Distinct moraines formed in the past indicate a long-term steady state of glaciers. In this case, the average glacier mass balance is considered to be almost zero. Therefore past orographic snowlines can be reconstructed by applying the AAR value of 60 % to glacial landforms.

収録刊行物

  • 地理学評論. Ser. A  

    地理学評論. Ser. A 72(11), 763-772, 1999-11-01 

    日本地理学会

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004958729
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1016484X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00167444
  • NDL 記事登録ID
    4880319
  • NDL 雑誌分類
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL 請求記号
    Z8-571
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ