超高圧噴射工法による杭先端根固め方法の実験的研究 EXPERIMENTAL STUDIES FOR PILE TIP PROTECTIONS BY USE OF JET GROUT METHOD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埋込み杭工法においては, 杭先端部の根固めを行う工法が多く実用化されており, その支持力の発現のためには, 根固め部の品質を確保することが非常に重要であると考えられる. 本研究は, 地盤改良技術として開発された超高圧噴射工法を根固め手法として適用するものであり, 施工方法を検討するために根固め部の築造実験を実施している. 実験においては築造した根固め部を掘り出し, 形状や圧縮強度に関する調査を行うとともに, 室内載荷試験により, 構造耐力および破壊メカニズムについての検討を行った. その結果, 所定の根固め強度を確保するために必要となるセメントミルクの配合条件や注入量を明らかにするとともに, 根固め形状に対する高圧水の流量や圧縮空気の有無, 繰返し施工等による影響を確認した.

This paper describes experimental studies for pile tip protections of bored pile by use of Jet Grout Method that was developed for the ground improvement. The pile tip protections were made in the artificial sandy ground and all of them were taken out in order to investigate their strength and failure mechanism through the loading tests. The adequate mixture condition and jetting quantity of the cement slurry to get the required strength were discussed. In addition the differences of the protection shapes due to the quantity of jet water and moving speed of jet rod were examined. The equations for estimating of protection diameter were proposed and its reliability was confirmed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 701, 155-167, 2002-03-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008001640
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6100706
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ