寒冷地における多数アンカー式補強土壁の凍上対策 A COUNTERMEASURE TO FROST HEAVE OF MULTI-ANCHORED RETAINING WALL IN COLD REGION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は置換工法による多数アンカー式補強土壁の凍上対策を検討するものである. 本報告では土中温度分布を求める2次元のコンピュータシミュレーションによって, 擁壁裏込め土中の凍結面の位置及び形状を推定し, 様々な擁壁形状に対応できる置換え範囲の設定方法を示した. このシミュレーションを行うには気象情報の他に土の熱物性値などの数値設定が必要である. 中でも設定の困難な熱伝導率については過去の実測データをとりまとめ, 一般的に得られる土質情報である乾燥密度と含水比との関係で表した. これらの検討の成果に基づいて, 土質情報と気象情報から凍上対策としての置換え範囲を決める設計手法を提案した.

2-D computer simulations for the longterm field experiments were carried out to determine a possible range of ground freezing around a multi-anchored retaining wall. Temperature fields were calculated on several shapes and sizes of walls. Simplification was made for heat transfer calculation on material constants of soil, such as thermal conductivity, heat capacity. The depth and shape of freezing front was determined the required range for soil replacement to protect walls against frost heaving.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 701, 243-252, 2002-03-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008001758
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6100791
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ