置換プラグ処理を考慮した重力ダム模型実験と剛体安定解析によるプラグ効果の検討 GRAVITY DAM MODELING TESTS IN CONSIDERATION OF CONCRETE PLUG TREATMENT AND THE DISCUSSION OF PLUG EFFECTS THROUGH SHEAR FRICTION FACTORS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

重力ダム基礎岩盤の弱層処理工法である置換プラグ処理が基礎岩盤の安定性に及ぼす効果を把握するため, 弱層・プラグを考慮した重力ダム模型実験を行なった. 実験では弱層位置およびプラグ深さを変化させた. 実験の結果, プラグの設置により弱層周辺岩盤の変形が抑制され, 応力分布が弱層の無い場合に近づく効果が確認された. 弱層が堤敷下流端付近に存在する場合には, 基礎岩盤の破壊強度の低下は著しいが, プラグの設置によって強度は上昇し弱層が無い場合とほぼ同等になることが確認された. 模型実験の条件に対して剛体安定解析を行ない, 応力分布, 荷重分担および想定すべり面に関して実験結果との比較を行ない, 剛体安定解析における仮定の妥当性について検討を行なった.

In order to investigate the effects of concrete plug treatment on the stress distribution in rock foundation of gravity dam, the authors carry out the gravity dam modeling tests in consideration of the location of a fault and the depth of plug. Based on the experimental results, it is confirmed that the stress distribution is largely affected by the location of a fault and the depth of plug. The effects of plug installation are 1) to enlarge the area of dam base and to distribute the concentrated force from dam body, and 2) to restrict the deformation of the foundation around the fault and to normalize the stress distribution. The stability of foundation models is examined by shear friction factor and the calculated results are compared with the model test results.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 701, 315-330, 2002-03-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008001863
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6100876
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ