砂・ベントナイト混合材料および各種ベントナイトの膨潤特性 SWELLING CHARACTERISTICS OF SAND-BENTONITE MIXTURE AND VARIOUS KINDS OF BENTONITE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高レベル放射性廃棄物の地層処分において, 処分孔や坑道を充填する緩衝材や埋戻し材には膨潤性や低透水性が要求されており, ベントナイトを用いた材料が有望である. 本論文では, 緩衝材や埋戻し材の設計に資するため, 砂とベントナイトの配合割合が5~100%の砂・ベントナイト混合材料および海外産を含む4種類のベントナイトの膨潤圧および膨潤変形について実験的に調査した. その結果, 膨潤特性に及ぼす砂・ベントナイトの配合割合, 乾燥密度, モンモリロナイト含有率および交換性陽イオンの種類と組成の影響を明らかにした. また, 著者らの提案するパラメータ「モンモリロナイトの膨潤体積ひずみ」により, ベントナイトの種類に応じて膨潤圧・膨潤変形特性を統一的に評価できることを示した.

Bentonite is attracting greater attention as buffer and backfill materials for repositories of high-level nuclear waste because these materials must have high swelling property and low permeability. To contribute the design of buffer and backfill materials, this study investigated the swelling properties of sand-bentonite mixtures, of which bentonite contents are within 5-100%, and four typical kinds of bentonite produced in Japan and the USA. The experimental works clarified the influence of bentonite-content, dry density, montmorillonite-content of bentonite and excangeable-cation-compositions upon the swelling characteristics of materials. Moreover, it was found that the authors' parameter “Swelling volumetric strain of montmorillonite” can easily evaluate the maximum swelling pressure and the maximum swelling strain of sand-bentonite mixtures and various kinds of bentonite at various dry densities and bentonite contents.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 701, 373-385, 2002-03-21

    土木学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008001955
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6100924
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ