ジェットバイブロ工法で施工した桟橋鋼管杭の支持力とその増大工法について THE BEARING CAPACITIES OF STEEL PIPE PILES INSTALLED BY WATER JET VIBRATORY TECHNIQUE AND NEW IMPROVING METHODS FOR THE CAPACITIES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

伏木富山港の水深-14m岸壁の建設における桟橋鋼管杭の施工にあたっては, 近隣の環境を配慮し, ウォータージェット併用のバイブロハンマ工法を採用した. この工法は支持力について未解明な点があるため, 正確な支持力を把握する目的で静的載荷試験を実施した. その結果, 設計支持力を満足しないことが判明したので, 杭の支持力を増大するための改良を行った. 改良工法として新設杭についてはウォータージェットの水に替えてセメントミルクを注入する新工法 (CJV工法) を, 既設杭は薬液注入工法 (注入工法) を採用した. これら改良工法の試験工事を実施し, 静的載荷試験および動的載荷試験の結果より, いずれも所要の支持力を発現することを確認した.

At the port of Fushiki Toyama a quay with 14m depth of water was constructed. This quay was designed on the steel pipe piles installed by water jet vibratory (JV) technique. The static load test performed on the JV pile showed the shortage of the bearing capacity. To increase the bearing capacity new technique using cement milk in place of water (CJV method) was developed to use for improving the soil. For the exited piles where JV method was used, cement grouting method was carried out. The results of the static load test and dynamic load test showed that the designed bearing capacity was achieved.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 700, 15-29, 2002-03-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

  • <no title>

    日本港湾協会

    港湾の施設の技術上の基準 同解説, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    バイブロハンマ研究会

    バイブロハンマ工法, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    国土開発技術センター

    一般土木工法 技術審査証明報告書同時埋設合成鋼管杭工法(ガンテツパイル), 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    地盤工学会

    地盤工学会基準杭の鉛直載荷試験方法 同解説, 1993

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008002072
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6100627
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ