軟弱地盤における浮き山留めの挙動予測 PREDICTION ON BEHAVIOR OF BRACED WALL EXCAVATION WITH FLOATING TYPE EARTH RETAINING WALL IN SOFT GROUND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

軟弱な粘性土が厚く堆積する地盤において採用されることの多い"浮き山留め"構造では, その山留め壁根入れ部の挙動が山留め架構全体の挙動を左右する場合が多い, 本報告では, このような浮き山留めとなっていたモデル現場の山留め工挙動に対して, 5つの異なる民間会社が"地盤バネ梁モデル"を適用した4つのタイプの予測解析を行っている. これらは, 掘削前の事前予測解析, 掘削途中段階の計測データを用いた次段階予測解析, 最終掘削完了後すべての計測データを用いた逆解析, そしてこの結果を近隣ブロックヘ適用する予測解析の4種類である. これらの解析を通して, この解析手法を適用するに当たっての入力パラメータの影響やモデル上の仮定に基づく予測解析の妥当性・問題点を示した.

In this study, using Winklerian model, five different companies made attempts to predict the performance of braced wall excavation with floating type earth retaining wall in a model site For one location, three different type of predictions were carried out without any observed data, Type A, with observed data until the second stage excavation, Type B, and with all observed date, Type C. Type D prediction was also done for the other location using the input parameters derived in the Type C prediction. By comparing the results of these predictions with the observation, discussed were effects of input soil parameters on the prediction and validity of various conditions assumed in the current design methods using Winklerian model.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 700, 45-64, 2002-03-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008002094
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6100650
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ