茨城県におけるナシ黒星病に対する殺菌剤散布回数の削減 Reduction in the Frequency of Fungicide Spray-applications to Control Japanese Pear Scab in Ibaraki Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

赤ナシ無袋栽培における生育期間中の黒星病重要防除時期を中心とした薬剤防除体系は, 茨城県ナシ病害虫防除暦に従った殺菌剤12回散布に比べ, 発病葉率はやや高いが, 発病果率はほぼ同等に低く, 殺菌剤の散布回数を25~40%程度削減できた。

収録刊行物

  • 関東東山病害虫研究会報

    関東東山病害虫研究会報 48, 57-59, 2001-11-01

    The Kanto-Tosan Plant Protection Society

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008014593
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00048332
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03888258
  • NDL 記事登録ID
    6167587
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-120
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ