緑肥用ソルガム等イネ科作物のネコブセンチュウおよびネグサレセンチュウに対する密度低減効果

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ソルガムの5系統、その他のイネ科作物4種(ギニアグラス、エンバク、スーダングラス、イタリアンライグラス)およびクロタラリアに対するネコブセンチュウ2種(Meloidogyne incognita,M.arenaria)およびネグサレセンチュウ2種(Pratylenchus penetrans,P.coffeae)の寄生性を調べた。その結果、実験に用いた全緑肥用植物のなかでソルガムの1系統(SS701、つちたろう)がネコブセンチュウ2種に対して最も高い密度低減効果を示したが、ネグサレセンチュウ2種に対しての効果は認められなかった。

収録刊行物

  • 日本線虫学会誌 = Japanese journal of nematology

    日本線虫学会誌 = Japanese journal of nematology 30(1), 18-29, 2000-12-28

    日本線虫学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008014843
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453166
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196765
  • NDL 記事登録ID
    5728798
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1311
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ