Steinernema glaseri の生育と増殖に対する温度の影響 Influence of Temperature on Growth and Propagation of Steinernema glaseri (Nematoda : Steinernematidae)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コガネムシ類幼虫に対して殺虫力をもつ昆虫病原性線虫Steinernema glaseriの生育とその共生細菌であるXenorhabdus poinariiの増殖に及ぼす温度の影響を調べた。 ドッグフードペプトン培地とハチミツガ(Galleria mellonella)の幼虫体内でS.glaseriは、10℃以下及び35℃以上で生育しなかった。最高増殖は25-28℃で認められた。共生細菌は21-35℃の間で増殖し、最適増殖温度は30-33℃であった。S.glaseriと共生細菌に共通する増殖適温は25-28℃であった。S.glaseriも共生細菌も36℃以上では増殖できなかったことから、体温36℃以上の恒温動物に対する病原性は低いと判断された。

収録刊行物

  • 日本線虫学会誌 = Japanese journal of nematology

    日本線虫学会誌 = Japanese journal of nematology 30(1), 47-50, 2000-12-28

    日本線虫学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008014890
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10453166
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09196765
  • NDL 記事登録ID
    5728825
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1311
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ