イラン産ピスタチオナッツのカビ毒生産菌の分布 The occurrence of aflatoxin-producing strains in the imported Iranian pistachio nuts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

イラン産の輸入ピスタチオナッツについてアフラトキシン生産性を有する<i>Aspergillus flavus</i>の汚染状況について調査研究を行った.輸入港において,検査対象となった生ピスタチオナッツおよび生産地が特定された生ピスタチオナッツについてアフラトキシン生産菌の分布状況を調査したところ,行政検査でアフラトキシン陽性となった試料では<i>A. flavus</i>のアフラトキシン生産菌の比率が高く,陰性試料では<i>A. flavus</i>の検出量が多い場合でも生産菌の比率が低かった.種実の内果皮と仁に分けて菌分離を行ったが,個々の検査粒により異なっており,一定の傾向はみられなかった.イラン国内のピスタチオ生産地域により,アフラトキシン生産菌の分布が異なっていた.

The distribution of <i>Aspergillus flavus</i> was determined in imported raw Iranian pistachio nuts. Occurrence of aflatoxin-producing strains in aflatoxin positive samples was markedly higher, whereas ratio of aflatoxin-producing strains of <i>A. flavus</i> in aflatoxin negative sample was relatively low. Distribution of <i>A. flavus</i> on shells and kernels of the nuts showed as difference among individual samples. Occurrence of aflatoxin-producing strains was examined in pistachio nuts samples collected from different geographical areas in Iran.

収録刊行物

  • マイコトキシン

    マイコトキシン 51(2), 109-114, 2001-07-31

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008018254
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ