輸送振動がブロッコリー(Brassica oleracea var. italica)の呼吸速度および内容成分に及ぼす影響 Influence of transport vibration on respiration rates and chemical components of broccoli (Brassica oleracea var. italica)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ブロッコリーがトラック輸送中に受ける振動を測定し, これを実験室で再現し, この振動がブロッコリーの呼吸速度および成分含量に及ぼす影響を調査した。一般道路を1tトラックで走行した際の振動加速度は0.5~1.5Gであったが, 道路状況が悪い部分では2Gを超える振動を記録した。ブロッコリーの呼吸速度は, 振動開始後約20分間は徐々に上昇したが, その後は振動を停止するまでほぼ一定であった。また, 振動停止後は約1時間で振動開始前の呼吸速度にまで低下した。振動による呼吸速度の上昇量は, 測定温度にかかわらずほぼ同じであった。ブロッコリーを実験室で10時間振動処理した場合でも, また実際にトラック輸送した場合でも, 全糖含量, L-アスコルビン酸含量, クロロフィル含量, 茎硬度および総合鮮度に与える振動の影響は認められなかった。

Influence of vibration by practical or simulated transportation on respiration rates and chemical components of Broccoli (<I>Brassica oleracea var italica</I>) heads was examined. Acceleration data of practical vibration were actually recorded by truck transportation, and the simulated vibration experiment was performed with a trans-simulation vibrator in the laboratory. The 0.5-1.5G of vibrating acceleration was observed on the ordinary roads, while more than 2G obtained occasionally, depending on road condition. Before the vibration, the respiration rate (CO<SUB>2</SUB> production) of broccoli was approximately 250mg·kg<SUP>-1</SUP>·hr<SUP>-1</SUP> at 15°C and 80mg·kg<SUP>-1</SUP>·hr<SUP>-1</SUP> at 5°C. The respiration rate gradually increased to 280 mg·kg<SUP>-1</SUP>·hr<SUP>-1</SUP> at 15°Cand 110mg·kg<SUP>-1</SUP>·hr<SUP>-1</SUP> at 5°C for the first 20 min and then remained constant during the vibration. After the vibration, the respiration rate decreased to the initial level within 1 hr.Practical and simulated vibration did not affect counts of total soluble sugar, ascorbic acid and chlorophyll, stem firmness and freshness of broccoli.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 27(5), 263-268, 2001-10-31

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

  • <no title>

    中馬豊

    農機誌 32, 47, 1970

    被引用文献1件

  • <no title>

    EAKS I. . L.

    Proc. Amer. Soc. Hort. Sciense. 78, 190, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    SOMMER N. F

    Proc. Amer. Soc. Hort. Sci. 76, 156, 1960

    被引用文献1件

  • <no title>

    岩元睦夫

    農機誌 39, 343, 1977

    被引用文献1件

  • <no title>

    岩元睦夫

    農機誌 40, 61, 1977

    被引用文献1件

  • <no title>

    中村怜之輔

    園学雑 45, 313, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    中村怜之輔

    園学雑 46, 349, 1977

    被引用文献1件

  • <no title>

    多々良泉

    日食保蔵誌 25, 15, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    劉蛟艶

    佐賀大修士論文, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    増田亮一

    食総研報 52, 36, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    中村怜之輔

    園学雑 55, 99, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    池田浩暢

    福岡農総試研報 17, 104, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    中村怜之輔

    岡山大農学報 47, 41, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    中馬豊

    農機誌 29, 82, 1967

    被引用文献1件

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008018289
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    5986789
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ