ガザミ自然集団におけるミトコンドリアDNA-Dループ領域の制限酵素切断型多型 Genetic Variability of Swimming Crab Based on PCR-RFLP Analysis of Mitochondrial DNA D-Loop Region

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ガザミ8標本群、合計234個体について集団内と集団間の遺伝的変異性および集団構造を把握する目的でミトコンドリアDNAのDループ領域を4種類の制限酵素で分析した。その結果、集団内の遺伝的多様性を示すハブロタイプ多様度hと塩基多様度π値はそれぞれ0.403(宮城県)~0.903(岡山県)、0.0020(宮城県)~0.0101(静岡県)となり、宮城県の標本群では両方の値が低く遺伝的変異性が低いことが示された。また、これらの値と既報の全領域の結果と比較した結果、hでは大きく異ならないがπ値では全領域の結果の約3.9倍に達し、多型性がより明確に検出できると考えられた。宮城県と熊本県の標本群のhとπ値について、近縁のノコギリガザミ類をも含めて検討した結果、どの種よりも明らかに低い値を示し、πでは顕著であった。 標本群間の遺伝的異質性を比較した結果、宮城県が他のすべての標本群との間に異質性が認められ、さらに熊本県は静岡県や岡山県と異なり、分布の両端にあるこれらの2集団は他の地方集団と明らかに異なった遺伝的組成をもつことが示された。 本研究では日本各地のガザミ地域集団の遺伝的変異性、集団間の分化を示し、さらに人工種苗放流が自然集団に及ぼす人為的影響についても論議した。

収録刊行物

  • 水産増殖 = The aquiculture

    水産増殖 = The aquiculture 50(1), 1-7, 2002-03-25

    水産増殖談話会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008020076
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    6115823
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ