飼育クロマグロの骨格異常 Bone Abnormarity of Hatchery-reared Bluefin Tuna Thunnus orientalis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1996年7・8月に日本栽培漁業協会八重山事業場で飼育された、ふ化後1~26日、全長3.5~31.1mmのクロマグロ278尾について骨格異常の症状の分類と記載を行った。骨格異常はふ化後2週間以降の供試魚のみで観察された。ふ化後2週間以降の供試魚221尾における骨格異常発現率は61.5%であった。全異常魚に占める各症状の割合は、背鰭担鰭骨の異常83.8%、臀鰭担鰭骨の異常12.5%、椎体の異常11.8%、神経棘の異常26.5%、血管棘の異常20.6%、尾骨の異常17.6%、その他の異常7.4%であった。背鰭担鰭骨の異常は棘を担う箇所で多く発現し、臀鰭担鰭骨の異常は第1~第5軟条および第1~第5小離鰭を担う箇所で多く発現していた。神経棘、血管棘および椎体の異常は第31~第37椎体で多く発現していた。また、背鰭担鰭骨の異常はその他の症状と併発することが多かった。

収録刊行物

  • 水産増殖 = The aquiculture

    水産増殖 = The aquiculture 50(1), 71-78, 2002-03-25

    水産増殖談話会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008020263
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    6115936
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ