ケージダストを使用した新しいマウス肝炎ウイルスモニタリング法の開発 : 遺伝子検出法の応用 Development of a new monitoring system for mouse hepatitis virus infection using cage dust : application of genome detection

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 洋二 WATANABE Youji
    • 長崎大学医学部附属動物実験施設 Laboratory Animal Center for Biomedical Research, Nagasaki University School of Medicine
    • 大沢 一貴 OHSAWA Kazutaka
    • 長崎大学医学部附属動物実験施設 Laboratory Animal Center for Biomedical Research, Nagasaki University School of Medicine
    • 坂本 雅志 SAKAMOTO Masashi
    • 長崎大学医学部附属動物実験施設 Laboratory Animal Center for Biomedical Research, Nagasaki University School of Medicine
    • 佐藤 浩 SATO Hiroshi
    • 長崎大学医学部附属動物実験施設 Laboratory Animal Center for Biomedical Research, Nagasaki University School of Medicine

収録刊行物

  • 実験動物技術

    実験動物技術 36(1), 35-40, 2001-06-01

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008022901
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00104987
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0387978X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ