全自動核移植システムの開発 Development of Automated Nuclear Transplantation System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々は,全自動核移植システムの要素技術として,核移植作業,その中でも特に脱核作業の際に必要となる卵細胞の回転操作を自動化する機構を開発した.この機構は微小物体の操作に優れている静電気力を利用している.静電気力による現象(electrorotation,dielectrophoresis)を起こすことによって,マウス卵細胞を約60deg/sの速度で回転させることができ,また回転方向を反転させることも可能であった.この操作は通常の培養液中(HTF,CZB)で行うことが出来る.また,静電気力による回転が卵細胞の受精能·発生能に与える影響を確認するため,静電気力によって回転させた卵細胞に対してIVFと核移植を行った.その結果,静電気力で回転させた卵細胞の受精能·発生能は通常の卵細胞と同様であった.したがって,静電気力による回転は卵細胞の受精能·発生能に影響を与えないと言える.

In nuclear transplantation, especially in enucleation, rotating the oocyte to a certain position has been an important work. Therefore, we developed an oocyte rotation system by using electrostatic force, which is known to be excellent in handling minute objects. This system has become the basic technology for the automated nuclear transplantation system. Mouse oocyles were rotated at a speed of about 60 deg/s by electrostatic phenomena (i.e. electrorotation and dielectrophoresis), and the direction of rotation could be reversed. In order to confirm the electrostatic effect on the fertilization and developmental ability of oocytes, we performed IVF and nuclear transplantation with rotated oocytes. The result was that the fertilization and developmental ability of the rotated oocytes was the same as that of the control, proving that rotation by electrostatic force does not influence the fertilization and development ability of oocytes.

収録刊行物

  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 18(3), 106-109, 2001-10-01

    日本哺乳動物卵子学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008024500
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10548943
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13417738
  • NDL 記事登録ID
    5982044
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1673
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ