胚性幹(ES)細胞に導入されたPMGN(-4k)LacZ-neo遺伝子のキメラマウス胎子における発現 Expression of pMGN(-4k)LacZ-neo Gene Introduced into Embryonic Stem(ES) Cells in Chimeric Mouse Fetuses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々は,pMGN(-4k)LacZ-neo遺伝子導入胚性幹(ES)細胞亜株OM3を用いて,キメラマウス胎子を作出し,導入遺伝子発現を解析した.胎子日齢11-13日目(E11-13)では,導入遺伝子を発現する胎児は観察されなかった.E14では,回収された正常な11胎子の内の3胎子で導入遺伝子の発現が認められた.これらのキメラマウス胎子において,導入遺伝子発現領域は,側頭部,頸部から尾部に至る体幹部,および四肢で,広範囲に認められた.組織化学的分析によって,骨格筋特異的な導入遺伝子の発現パターンが観察された.これらの結果は,OM3細胞が,マウス骨格筋形成,および,骨格筋に関する再生医学的基礎技術の開発のための,骨格筋特異的細胞マーカーとして有効であることを示している.

We attempted to produce chimeric mouse fetuses by using an embryonic stem (ES) cell subline, OM 3, which were transfected with pMGN(-4k)LacZ-neo transgene, and to analyze expression of the transgene in chimeric mouse fetuses. In embryonic days 11-13 (E11-13), no fetuses expressing the transgene were observed. In E14, three of 11 normal fetuses recovered showed the transgene expression. In these chimeric mouse fetuses, the regions expressing the transgene were found in a wide range of fetuses, including the temporal region of the head, trunk from neck to tail, and limbs. It was shown by histochemical analysis that these patterns of transgene expression were specific to skeletal muscles. These results indicated that OM 3 cells might be useful for analyses of mouse skeletal-myogenesis and for the development of basic techniques for skeletal muscles in regenerative medicine.

収録刊行物

  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 18(3), 123-126, 2001-10-01

    日本哺乳動物卵子学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008024570
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10548943
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13417738
  • NDL 記事登録ID
    5982111
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1673
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ