羊における馬酔木中毒例 A Case Report of Japanese Pieris Poisoning in Sheep

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 味戸 忠春 AJTO T.
    • 日本全薬工業株式会社 中央研究所 Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd. Central Research Laboratories
    • 安斉 秀行 ANZAI H.
    • 日本全薬工業株式会社 中央研究所 Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd. Central Research Laboratories
    • 照井 信一 TERUI S.
    • 日本全薬工業株式会社 中央研究所 Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd. Central Research Laboratories

抄録

馬酔木(Pieris japonica)には、ピエリストキシン(Pieristoxin)やグラヤノトキシン(Grayanotoxin)、アセボトキシン(Asebotoxin)、アンドロメドトキシン(Andromedotoxin)と呼ばれる配糖体が含まれ、山羊、羊および牛における中毒例がしばしば報告されている。今回、福島県下A農場で飼育中の羊および山羊が呼吸困難と突然死を呈し、剖検により胃内から馬酔木の葉が回収されたことから、馬酔木中毒と診断した。剖検所見では、肺における重度の水腫、出血が特徴的であった。牧場の敷地には、観賞用に馬酔木が植えられており、刈り取られた葉が綿山羊に与えられたためであった。

The asebi (Pieris japonica) include several glucosides such as Pieristoxin, Grayanotoxin, Asebotoxin or Andoromedotoxin. There are reports Pieris poisoning in goats, sheep and cattle. We experienced sheep and goats with severe respiratory distress and sudden death at a farm in Fukushima prefecture. We diagnosed Pieris poisoning because of the leaves recovered from the rumen of the dead sheep. In particular, there was severe pulmonary edema. The asebi tree had been planted as an ornamental and its harvested leaves were mistakenly fed to the animals.

収録刊行物

  • 日本家畜臨床学会誌 = Japanese journal of large animal clinics

    日本家畜臨床学会誌 = Japanese journal of large animal clinics 24(1), 19-22, 2001-07-20

    日本家畜臨床学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008024623
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1163152X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167579
  • NDL 記事登録ID
    5848557
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-2162
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ