バイオガス燃料の乱流燃焼特性に関する研究 Study on the Turbulent Combustion Properties of Biogas Fuel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

バイオガスを燃料として内燃機関に適用し, より高効率, 低公害な燃焼法を検討するため, その主成分であるメタンの基本的な乱流燃焼特性に関して実験的に詳細に調べた。その結果, メタンはプロパンなど他の炭化水素系燃料と比較して希薄燃焼に適した燃料であることが分かった。また二酸化炭素での混合気の希釈は窒素希釈に比べて, 乱流燃焼特性を改善する効果のあることが分かった。さらに混合気中に少量の水素を添加することで希薄燃焼時の乱流燃焼が促進されることが分かった。

The purpose of this study is to clarify the combustion properties of biogas fuel and to develop a new combustion technique with high efficiency and low emission for internal combustion engine operated by biogas fuel. It has been shown by the results that methane is intrinsically suitable for lean burn technique compared with other hydrocarbons, such as propane. In addition, it has been also found that dilution with CO<sub>2</sub> has an effect on increase in turbulent burning velocity of methane mixture compared with the corresponding dilution with N<sub>2</sub>. Furthermore, hydrogen addition to a methane mixture has been shown to improve the turbulent combustion performance in fuel lean mixture region.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 63(6), 57-62, 2001-11-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008025231
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    5967578
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ