研削式精米に関する研究(第2報) : 精米動力・精米エネルギ予測モデル Studies on Abrasive Rice Milling (Part 2) : Milling Power Model and Milling Energy Model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 研削精米工程において米粒に加えられる必要動力や消費エネルギについて検討した。測定では, 醸造用小型精米機を用いて研削砥石の回転数を (800, 1,000, 1,200, 1,400, 1,600rpm) と変化させることにより, 各々の条件における精米時間と歩留り, 精米動力, 精米エネルギを求めた。その結果, 精米動力は, 回転数一定の条件のもとで精米時間とともに減少した。更に, 測定結果より, 以下の予測モデルを提案した。<br>精米動力予測モデル:<br>P=a/1+b・exp(k<sub>2</sub>t)<br>精米エネルギ予測モデル:<br>E=1/k<sub>1</sub>ln[1+b/1+b・exp(k<sub>2</sub>t)]+k<sub>2</sub>/k<sub>1</sub>・t

The milling power and milling energy during abrasive milling were measured under five rotor revolutions (800, 1, 000, 1, 200, 1, 400, 1, 600rpm), by use of a batch type abrasive milling machine. Results indicated that the milling power decreased with milling time. In this paper, the milling power and milling energy with milling time were modeled using the observed data as follows;<br>Abrasive milling power model;<br>P=a/1+b⋅exp(k<sub>2</sub>t)<br>Abrasive milling energy model;<br>E=1/k<sub>1</sub>ln[1+b/1+b⋅exp(k<sub>2</sub>t)]+k<sub>2</sub>/k<sub>1</sub>⋅t

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 63(6), 63-67, 2001-11-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008025247
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    5967589
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ