少量Ara-CとG-CSFの併用で寛解に導入し,経口Ara-Cで長期に寛解を維持しているMOの1例 Continuation of Complete Remission by Oral Administration of Cytarabine Ocfosfate in a Patient with MO, Who Achieved Remission by Small Doses of Cytosine Arabinoside with G-CSF

この論文をさがす

著者

    • 青木 定夫 AOKI Sadao
    • 新潟大学医学部第一内科 The First Department of Internal Medicine, Niigata University School of Medicine
    • 小山 覚 KOYAMA Satoru
    • 済生会新潟第二病院血液化学療法科 The Department of Hematology and Oncology, Saiseikai Niigata Second Hospital
    • 後藤 隆夫 KOTO Takao
    • 新潟大学医学部第一内科 The First Department of Internal Medicine, Niigata University School of Medicine
    • 柴田 昭 SHIBATA Akira
    • 新潟大学医学部第一内科 The First Department of Internal Medicine, Niigata University School of Medicine

収録刊行物

  • 臨床血液

    臨床血液 36(1), 40-44, 1995-01-30

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008038952
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00252940
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04851439
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ