ヒト冠動脈における Plaque Vulnerability と酸化LDLの意義 Plaque Vulnerability : Significance of Oxidized Low Density Lipoprotein

この論文をさがす

著者

    • 成子 隆彦 NARUKO T.
    • 大阪市立総合医療センター循環器内科 Department of Cardiology, Osaka City General Hospital
    • 江原 省一 EHARA S.
    • 大阪市立総合医療センター循環器内科 Department of Cardiology, Osaka City General Hospital
    • 土師 一夫 HAZE K.
    • 大阪市立総合医療センター循環器内科 Department of Cardiology, Osaka City General Hospital
    • 伊倉 義弘 IKURA Y.
    • 大阪市立大学第二病理学教室 Department of pathology, Osaka City University Medical School
    • 吉川 純一 YOSHIKAWA J.
    • 大阪市立大学第一内科学教室 First Department of Internal Medicine, Osaka City University Medical School
    • 板部 洋之 ITABE H.
    • 帝京大学薬学部微生物・病態生化学教室 Department of Microbiology and Molecular Pathology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Teikyo University
    • 高野 達哉 TAKANO T.
    • 帝京大学薬学部微生物・病態生化学教室 Department of Microbiology and Molecular Pathology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Teikyo University

収録刊行物

  • 脈管学 : 日本脈管学会機関誌 : the journal of Japanese College of Angiology

    脈管学 : 日本脈管学会機関誌 : the journal of Japanese College of Angiology 39(11), 753-757, 1999-11-25

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008041768
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00236514
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03871126
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ