Degradable starch microspheres(DSM)併用動注化学療法が著効した直腸カルチノイド腫瘍多発性肝転移の1例 A case of multiple liver metastases from rectal carcinoid tumor successfully treated with arterial infusion chemotherapy using degradable starch microspheres(DSM)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は52歳,男性.全身倦怠感を主訴に当院を初診.大腸内視鏡にて直腸カルチノイド腫瘍を,腹部エコー,CTにて多発性肝腫瘤を認め,肝腫瘤の生検にて直腸力ルチノイド腫瘍の多発性肝転移と診断した.転移性肝カルチノイド腫瘍に対しdegradable starch microspheres(DSM)を併用したCDDP/5-FU動注化学療法を施行したところ、PRを得た.DSMを用いる動注化学療法は進行転移性肝カルチノイド腫瘍の治療選択の1つとして検討していく必要があると考えられる.

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 98(4), 410-415, 2001-04-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008043133
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ