後腹膜原発inflammatory fibrosarcoma の1例 A case of inflammatory fibrosarcoma of the retroperitoneum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は49歳,女性.腹部膨満感・食欲不振を主訴に来院.精査にて後腹膜腔に巨大な腫瘍が認められた.腫瘍生検の結果,悪性線維性組織球症が疑われ手術が施行された.摘出した腫瘍の病理学的検討によりinflammatory fibrosarcomaと診断された.後腹膜原発のinflammatory fibrosarcomaの1例を経験し,新しい疾患概念の稀有な症例であったので報告した.

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 98(4), 436-441, 2001-04-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

ページトップへ